事前に知りたい 保険で失敗しないための知識

公的保険と私的保険の利用

公的保険には国民は全員は入っていますが、民間が行っている保険には入る、入らないは自由です。公的保険に入っていることで、ある程度の最低の保障はされているので、もし病気になってしまっても最低の保障を受けることができるので慌てないで欲しいと思います。しかし公的保険では補える範囲も限られているので、その補えなかった部分を私的保険で埋めます。私的保険と公的保険に加入して、この二つの保険を上手に利用することでもしものときに上手に備えることができます。雇用保険や労災保険があれば、通勤上の事故にあったときでも安心ですし、通勤以外の事故にあった場合は国民保険もあるのである程度の保障をしてくれます。これに民間の保険を足すことで、通院や入院の費用の心配も大分減ると思います。

また通勤上の事故などで働けなくなった場合、4日目から月額報酬の3分の2ほどの給与もらうことができるので、事故ではたらけなくなった場合は申請をして保険の力を借りるといいと思います。意外と公的保険の存在について知らない人は多いので、自分で調べてみると色々と安心できることがあると思います。またいざというときに制度を上手に利用することができるように、最低限の知識だけでも入れておくと有利に保険を活用することができます。これは私的保険にもいえることです。知らないと知らないままで損をしてしまうので、知る努力をして上手に制度を活用して欲しいと思います。