事前に知りたい 保険で失敗しないための知識

医療保険の前に加入している社会保険をどんどん利用しましょう。

私たちは医療保険に加入するのが当たり前みたいな感じで、医療保険に加入しますが、実は国民健康保険ってすごい保険です。まず国民健康保険とはどういう保険なのでしょうか?けがや病気をした時に病院で支払うお金を一部負担する社会保険のことです。保険に加入するには「その市区町村に住所があり住んでいること」「国民健康保険組合に加入していないこと」「職場の保険に加入していないこと」「生活保護を受けていないこと」上記のすべてに該当する方が加入できます。通常、職場の健康保険に加入している方、生活保護を受けている方以外の人は加入の有無にかかわらず全ての人が国保に加入します。国民健康保険って国が運営していると思っていたのですが、住んでいる町の市区町村が運営しているんです。お金のしくみは、市区町村と都道府県国保連合会と医療機関と私たち被保険者で回っています。市区町村で運営しているから支給金額や保険料が地域によって違うのですね。納得できました。

国保って病気にかからない限りほとんど利用しませんよね。でも、きちんと加入しておくといざという時に助かります。先日、私は出産をしたのですが、その時は国保に加入していて良かったと心から思いました。なんせ、出産はお金がかかりますから。産婦人科によって違いますが、私が出産した産婦人科は出産費用がだいたい55万円かかりました。でも、出産育児一時金を利用して42万円が支給されました。これには本当にたすかりました。